Wikibaliブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Gmailを使ったiPhone連絡先管理 〜その1 同期の仕組み〜

<<   作成日時 : 2011/06/11 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スマートフォンでまず苦労するのが連絡先の管理。ガラ携をスマフォンの両方をもっていてガラ携手放せない人の理由もこの問題が大きいでしょう。

iPhoneの場合も同じでGmailとの連携方法もいろいろネットで書かれているものの実際やってみると上手く同期出来ない状況に私も陥りました。

・フリガナがつかない
・グループ情報が同期出来ない
・GmailコンタクトとiPhoneローカル連絡先で両方追加変更するとデータが壊れる

などなど

そして最大の問題は
・2台以上のiPhone, iPADとGmailの同期をどうすれば出来るか?

という訳で私がやっている方法をここで紹介します。

この方法で出来ることは、

1)名刺の連絡先への登録
2)複数のiPhone, iPADとGmail Contactとの同期
3)iPhoneローカル連絡先を使う
4)iPhoneローカル連絡先のグループ、フリガナ問題を解決

一方
・ツール(有償ツール含む)をいくつか使う
・手順がちょっと複雑
 →ローカル(iPhone側)のグループ別けは手作業になります。

という事もありこれからもっと良いツールが登場することを願うばかりです。ちなみにグループ同期が可能なツール「Contacts Cloud」を試しましたが、オリジナル連絡先との相性悪いことと、バージョンアップの見込みがなさそう、というわけで断念しました。

Gmailとの連携の「仕組み」を理解せずにやると同期できなくなったり、データが壊れたりするのでくれぐれも自己責任でやってください。

仕組みは、

・マスターとなるコンタクトデータはGmailの「連絡先」に集約。
 ポイントは新しい連絡先を追加する場合には必ずGmail Contactに最初に作る。
 一旦同期した後は連絡先情報の追加、変更、削除はローカル、Gmailどちらを変更してもOK。

・iPhoneからGmail「連絡先」を操作する際にはGoogleのExhangeサーバを経由して行う。
 →名刺管理ツールなどから作った連絡先情報をGmailに登録する際にフリガナの姓名情報が反転するという問題を解決するために必要です。

・1台目のiPhoneとGmailはiTunes経由で差分情報の同期をします。
・2台目以降のiPhone(またはiPAD)とはDropBox経由でバックアップ・リストア方式で一括更新します。

こんな感じです。一連の作業を図式化してみます。
画像


その2以降手順を具体的に説明したいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Gmailを使ったiPhone連絡先管理 〜その1 同期の仕組み〜 Wikibaliブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる